欲しいものが買えない!我慢せずにゲットする方法は?

MENU

欲しいものが買えない!我慢せずに買う方法はある?

 

欲しいものが買えないときは

カードローンで借りて買う方法も!

↓ ↓ ↓ ↓

 

欲しいものがあるけどお金がなくて欲しいものが買えない、こんな時どうしていますか?

 

その場の感情で買ってしまう方もいれば、冷静になって本当に必要かどうかを考え後でじっくりと検討する人もいます。

 

けど多くの人は買いたいけど欲しいものが買えないで我慢しているのが現状ではないでしょうか?

 

確かに時には我慢も必要ですが、毎回欲しいものが買えないではストレスが溜まる一方です。

 

たまには欲しいものを我慢せず買いたいですよね。

 

でもお金がないから現実的に考えてみれば欲しいものが買えないです。

 

この様に欲しいものが買えない時どうすればよいのでしょうか?

 

今回は我慢せず欲しいもの買う解決策を紹介していきたいと思います。

 

 

欲しいものが買えない場合は日雇いバイト

 

欲しいものが買えないのであれば買えるようになるまでお金を作るしかありません。
お金を手に入れる方法は様々ですが、最も健全な方法はやはり自分で働いて収入を得ることではないでしょうか?
しっかりと働けば雇い主はその労力に見合った金額を支払ってくれます。
とは言え、今の仕事で欲しいものが買えないからといって、収入をいきなり増やすなんてこと役職が上がったりしないかぎりは中々難しいですよね。
仮にいつもよりも倍以上の仕事をしたからといって明日から給料が倍になるわけでもありません。
ではどうやって欲しいものが買えないから収入を増やすのか、それは空いた時間でバイトをするです。
一般的なアルバイトですと空いた時間にだけ仕事に入るということはまず無理ですが、欲しいものが買えないという理由でも登録制バイトならそれが可能です。
登録制バイトとは、仕事を斡旋している派遣会社に登録して、その派遣会社に仕事を紹介してもらいその都度働くというものです。
欲しいものが買えないといっても、紹介された仕事で必ず働かなければいけないというわけではなく、内容を確認して欲しいものが買えないのが嫌なら自分の都合が合うなり働きたい仕事だと思えばエントリーすればよいですし、逆に都合が合わなかったりやりたくない仕事だと思えば欲しいものが買えないといっても断るなり選ばなければ良いだけです。
登録制のアルバイトは自分の都合に合わせて働くことが出来ますので、定職に就いている方でも欲しいものが買えないなら、気軽に始めることが出来るワークスタイルなのです。
ただ休みの日も働くことになりますので欲しいものが買えないといっても、体の健康面に十分に注意し仕事を選ぶようにする必要はありますので、無理に仕事を入れるようなことは止めましょう。

登録制のアルバイトですと働いたその日に給料を渡してくれる会社も多いですから、欲しいものが買えないなら出来れば早く現金が必要というのに適しています。
但し、会社によっては週払いや後でまとめて口座へ振り込みといった対応のところもありますので欲しいものが買えないのが嫌なら注意してください。
急ぎでお金が必要な場合は、日払いの仕事を中心に選ぶと良いでしょう。

 

登録制バイトでは基本的に面接はありません。
派遣会社に登録したその日から仕事を始めることが出来ます。
欲しいものが買えないのが嫌でも何か仕事を始めるにも手続きや用意しなければいけず非常に手間がかかりますが、登録制バイトなら仕事を始めるのに手間も時間もかかりません。欲しいものが買えないのがストレスならやるしかないですね。

登録制バイトは毎回違う仕事場やスタッフと仕事をしますので人間関係で苦しむことがありません。
仕事をしていく中で不安に思うのがやはり人間関係ではないでしょうか?
うまく関係を築ける人であればさほど悩むことは無いでしょうが、欲しいものが買えないからといって、中には人間関係を築くのが苦手な方もいらっしゃいます。
そういう方にとっては欲しいものが買えない時だけ、その日限りの仕事である登録制バイトは気が楽といえるのではないでしょうか?

 

実は登録制バイトは給料が上がりやすいです。欲しいものが買えない場合は嬉しいですね。
給料を上げるとなると普通何年も働き続けなければいけませんが、登録制バイトの場合はランク制度を採用している会社が多いです。
同じ作業であってもランクを上げていけば給料を上げることが可能です。

また日雇いバイトは仕事内容によって給料が異なりますので、欲しいものが買えない時など短期でガッツリ稼ぎたい方や欲しいものがちょっと高額な場合は高単価な仕事を中心に選ぶと良いです。
欲しいものが買えない女性であればキャバクラなど夜の仕事関係は比較的単価が高いですし、男性なら肉体系の仕事はやはり高収入になります。
ただ基本的に単価が高い仕事は内容がハードですから欲しいものが買えない時でもその点は十分に理解した上で選ぶようにしてください。

 

欲しいものが買えない時は、いらない物を売る

 

欲しいものが買えないといっても中々都合が合わないなどで登録制バイトに入るのが難しい、欲しいものが買えないといっても、そこまでまとまったお金は必要ないという場合は家にある不要品を売ってお金に換えてみてはどうでしょうか?
リサイクルショップや質屋、オークションなどを利用すれば簡単に売ることが出来ますよ。
もともと捨てるものだっただけに欲しいものが買えない分のお金に換えられるのは非常にありがたいことですよね。
自分では価値を感じないものであっても人によっては必要と思ったり欲しいと思うものであればそこには価値が生まれ、お金を手にすることが出来ます。
欲しいものが買えない時に手っ取り早くお金を手にしたいのであればリサイクルショップや質屋を、少しでも高く売りたい場合はオークションを利用すると良いでしょう。

リサイクルショップや質屋はお客から買い取った品物を買取額以上の値段で売ってその差額が利益となります。
相場とほぼ同等の価格で買い取ってしまうと利益が少なくなりますので、極力安い値で買い取ろうとします。
相場に近い値段で買い取りも出来なくはないかもしれませんが、そうすると売るときには相場よりも高い値段で売らなければいけませんので、そうなると今度は中々売れずに在庫として残ってしまう恐れがあります。
お店としては極力不良在庫にならないためにも相場よりも安く買い取る必要があります。
ですからリサイクルショップでの買取ではそこまで高値が付くことはあまり無いですから欲しいものが買えない時でも期待はしない方が良いです。

 

店舗によって買取の査定額は異なりますので、欲しいものが買えないと焦っているときでも、1つのお店だけで買取を決めてしまうのは非常に勿体無いです。
欲しいものが買えないと、少しでも高く売りたいのであれば複数店舗に査定してもらい、その中で一番高く買い取ってくれるお店にお願いするのが良いでしょう。
ただそうは言ってもいくつも店舗を廻るのは大変ですし、査定額にそこまで差がなければ無駄足に終わってしまいますよね。
そこでオススメなのがインターネットを活用した一括無料査定です。欲しいものが買えないで、時間もない時におすすめです。
これを活用すれば自宅にいながら不要品の買取査定を一度に複数業者にお願いすることが出来ます。
手間も時間もかかりませんので欲しいものが買えない場合に、非常に簡単です。
しかも買取は郵送若しくは直接自宅に取りに来てくれますので忙しい方でも売りに出すことが出来ます。

高値で売れそうだけどどうしても手放したくないと言う場合は、担保にして欲しいものが買えない分のお金を借りるという手を使うと良いでしょう。
特にブランドのものバッグや財布、時計、貴金属は高値がつきやすいものが多いですが、中々手放したくないという人も多いのではないでしょうか?
質屋では買取だけでなく担保貸付も行っていますので、欲しいものが買えないから売りたくないけどお金がほしいと言う場合は検討してみると良いでしょう。
但し、返済期間は基本3ヶ月となり期間内に返済できなかった場合は預けた品物を手放すこととなりますので注意してください。
店舗によっては利息を支払えば返済期間延長の対応をしてくれるところもあります。
借りれる金額は品物の価値に応じて決まりますので、欲しいものが買えないといっても、自分が希望する金額を借りれるわけではありませんのでその点にも注意してくださいね。

欲しいものが買えない場合に、相場に近い値段で売りたいのであればオークションを利用するのが良いです。
オークションならお店の利益は関係ありませんので、売った分はほぼすべて自分の利益となります。
ですから相場に近い値段で売ることだって可能です。
オークションで高値売るにもコツが有り、いい加減な出品では中々買い手は現れません。
オークションで高く売るためのコツを指南している情報サイトは沢山ありますのでそれらを参考に出品してみると良いですよ。
オークションはリサイクルショップとは違い、欲しいものが買えない時でも、現金を手にするまでにやや時間がかかります。
落札されない限りはお金が手元に入ってくることはありませんので、その点には注意が必要です。

 

カードローンで借りて欲しいものを買う方法も

 

欲しいものが買えない時に一番手っ取り早いのはカードローンです。
カードローンなら申し込んだその日にお金を手にすることも可能ですから、欲しいものだって直ぐに買えるでしょう。
但し、融資を受けるには審査がありますので誰でも簡単にとは生きませんのでその点は勘違いされないように。

カードローンの利用条件は業者ごとに微妙に異なりますが、大体は20歳以上で安定収入があれば申し込みOKとしています。
普通に働いて安定的な収入を得ていれば申込できますし、審査通過もそれほど難しいものではありません。
結婚して欲しいものが替えないという主婦も多いかと思いますが、主婦でもカードローンを利用することは可能です。
パート勤務であっても収入が安定していれば問題ありませんし、専業主婦でも配偶者に安定収入があれば申し込み出来まs。

カードローンは担保も保証人も必要ありませんので気軽に利用することが出来ます。
他のローンとは違って使いみちに制限はありませんので欲しいものが買えないといことも殆どありません。
初回の借入額は10万円前後と他のローンに比べ少額ですが、欲しいものがよほど高額なものでないかぎりはカードローンで十分に間に合わせられるのではないでしょうか?

 

返済は元金と利息を合わせた金額を支払いする必要があります。
カードローンの金利はちょっと高めですからその分払う利息も多くなりますので注意してください。
但し大手消費者金融の一部では一定期間無利息で借り入れ可能なカードローンの取り扱いをしていますので、これを利用すれば利息無しでお金を借りることも可能です。
ぜひ上手いこと活用してみてくださいね。